施工実績
TEL

TOTO リモデル トイレ リフォーム
TOTO リモデル トイレ リフォーム

様々な場所で工事対応可能です。
※現場状況や地域によって一部対応できない場合があります。
誰にでも使いやすい洋風便器に
今すぐリモデル!
超節水便器で、ランニングコストを削減
ランニングコスト ランニングコスト ランニングコスト

「コスト削減&エコ対策」の試算条件 021年12月現在 100人規模のオフィスを想定
●人員100名(男性:60名・女性:40名) ※すべて内勤者で想定
●年間稼働日数265日
●比較した器具 一般的な和風大便器※1
●使用回数※2 男性:大1回/人・日 女性:大1回、小4回/人・日
●1回のトイレ使用で水を流す回数 男性:1.5回※3 女性:2.3回※4
●1回当たりの洗浄水量 パブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式:大6L/回、小5L/回
一般的な和風大便器:11L/回
●上下水道料金:700 円(税込)/m3※5

※1 1991-2006 年商品(C750)、1996-2006 年商品(C755)
※2 「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より
※3 TOTO 調べ
※4 (公社)空気調和・衛生工学会 / 学術講演会講演論文集(1999)
  「超高層オフィスビルにおける衛生器具のリニューアルに関する調査研究」より
※5 (一社)日本バルブ工業会より

TOTO和洋リモデル工法とは?

和洋リモデル工法の工事概要
1フロア施工(階下での作業が不要)・2日間の短工期で既存の和風便器から洋風便器に改修する、TOTOのオリジナル工法です。
和洋リモデル工法は、洋風便器への取り替えで、工期等の施工条件でお困りの現場に最適です。
開始
→
↓
終了
  • 工事概要1

    こんな
    和風トイレが

  • 工事概要2

    既存の和風
    便器をカット

  • 工事概要3

    排水を新たに
    立ち上げ

  • 工事概要4

    超速硬モルタル
    で埋め戻し

  • 工事概要5

    洋風トイレの
    完成!

お見積り・現地調査
依頼はこちら

どういった場所で取付・採用可能?

和洋リモデル工法の対象トイレ
両用タイプは、和風便器の収まりが平置きの和風便器と違うため対応できません。
  • 両用タイプ 両用タイプ
  • 平置きタイプ 平置きタイプ

※下記で一部工事対応ができない場合ございます。

タイプ ブローアウト式 トラップなし サイホンゼット式 半トラップ式
便器形状 ブローアウト式 トラップなし サイホンゼット式 半トラップ式
不可理由 便鉢部のカットができない 二重トラップになる 便鉢部のカットができない 排水管を差し込むことが
できない
代表品番 TOTO C138 TOTO C1、C36 TOTO C202 TOTO C183RQ

※他にメーカー不明、あるいは設置状態がわからない和風便器についても採用できない場合があります。

お見積り・現地調査
依頼はこちら

工事をしたことでのメリット

和洋リモデル工法4つのメリット
  • 節水

    和風便器の洗浄水量は、約11リットルもの水を消費しますが、洋風便器に変えることで最大5~6リットル程の洗浄水量に抑えることが出来、節約に繋がります。

  • 快適性

    座れるといった利便性や・洋風便器によりウォシュレットを採用できるという面で利用者が快適になる事が可能です。00000000000000000000

  • 清掃性

    洋風便器は和風便器より汚しにくいことが想定されるため、清掃者のメリットが想定されます。

  • 短工期

    従来工法ですと約1週間かかっていましたが、和洋リモデル工法ですと約2日で洋風便器に取替が可能です。

  • 従来工法
  • 和洋リモデル工法
お見積り・現地調査
依頼はこちら

よくあるお問い合わせ

A1.当店ではメーカーよりTOTO和洋リモデル工法を受講認定した協力業者が対応いたします。
協力業者
A2.便器内にも充填し、便器と一体化した専用モルタルの張り出しがコンクリートスラブで支持される為、落ちることはございません。
床強度
結果:各試験に対し、ひび割れ、破損なし→床として十分な強度を有しています。
A3.和洋リモデル工法の採用によって、大便器の洗浄能力が低下することはありません。
参考:大便器排水性能試験内容
排水性能
A4.乾式清掃であれば問題ございません。下記のような隙間処理を施していますので、一時的にバケツの水がこぼれた程度でしたら階下に水漏れの心配はございません。
湿式清掃には対応しておりませんのでご注意ください。
和風便器のカット後の防水処理方法
通常の施工で専用モルタルの流出を防ぐため、以下のような隙間処理をしています。乾式清掃であれば、バケツの水をこぼした程度では階下への漏水はなく問題ありません。 排水性能
お見積り・現地調査
依頼はこちら

採用事例の声